【PR】

TOP

NEW TOPICS -最新トピックス-

最新トピック

NEW ITEM -新作・期間限定の商品-

新作1新作2

もっと見る


RANKING -ランキング-

ランキング1ランキング2

もっと見る


CATEGORY -特集から探す-

魅惑のケーキホワイトデーひなまつり 定番

もっと見る


ITEM -ジャンルから探す-

ジャンル ジャンル2 ジャンル3 ジャンル4


GUIDE -案内-

案内


プライバシーポリシー

スマイルライフ合同会社(以下、「当社」といいます。)は、本ウェブサイト上で提供するサービス(以下、「本サービス」といいます。)における、ユーザーの個人情報の取扱いについて、以下のとおりプライバシーポリシー(以下、「本ポリシー」といいます。)を定めます。
第1条(個人情報)
「個人情報」とは、個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌、指紋、声紋にかかるデータ、及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。
第2条(個人情報の収集方法)
当社は、ユーザーが利用登録をする際に氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また、ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を、当社の提携先(情報提供元、広告主、広告配信先などを含みます。以下、「提携先」といいます。)などから収集することがあります。

 
第3条(個人情報を収集・利用する目的)
当社が個人情報を収集・利用する目的は、以下のとおりです。 当社サービスの提供・運営のため ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む) ユーザーが利用中のサービスの新機能、更新情報、キャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため メンテナンス、重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため 利用規約に違反したユーザーや、不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし、ご利用をお断りするため ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更、削除、ご利用状況の閲覧を行っていただくため 有料サービスにおいて、ユーザーに利用料金を請求するため 上記の利用目的に付随する目的
第4条(利用目的の変更)
当社は、利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り、個人情報の利用目的を変更するものとします。 利用目的の変更を行った場合には、変更後の目的について、当社所定の方法により、ユーザーに通知し、または本ウェブサイト上に公表するものとします。
第5条(個人情報の第三者提供)
当社は、次に掲げる場合を除いて、あらかじめユーザーの同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供することはありません。ただし、個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき 予め次の事項を告知あるいは公表し、かつ当社が個人情報保護委員会に届出をしたとき 利用目的に第三者への提供を含むこと 第三者に提供されるデータの項目 第三者への提供の手段または方法 本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること 本人の求めを受け付ける方法 前項の定めにかかわらず、次に掲げる場合には、当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。 当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合 合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合 個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって、その旨並びに共同して利用される個人情報の項目、共同して利用する者の範囲、利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について、あらかじめ本人に通知し、または本人が容易に知り得る状態に置いた場合
第6条(個人情報の開示)
当社は、本人から個人情報の開示を求められたときは、本人に対し、遅滞なくこれを開示します。ただし、開示することにより次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。なお、個人情報の開示に際しては、1件あたり1、000円の手数料を申し受けます。 本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合 その他法令に違反することとなる場合 前項の定めにかかわらず、履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については、原則として開示いたしません。
第7条(個人情報の訂正および削除)
ユーザーは、当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には、当社が定める手続きにより、当社に対して個人情報の訂正、追加または削除(以下、「訂正等」といいます。)を請求することができます。 当社は、ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の訂正等を行うものとします。 当社は、前項の規定に基づき訂正等を行った場合、または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく、これをユーザーに通知します。
第8条(個人情報の利用停止等)
当社は、本人から、個人情報が、利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由、または不正の手段により取得されたものであるという理由により、その利用の停止または消去(以下、「利用停止等」といいます。)を求められた場合には、遅滞なく必要な調査を行います。 前項の調査結果に基づき、その請求に応じる必要があると判断した場合には、遅滞なく、当該個人情報の利用停止等を行います。 当社は、前項の規定に基づき利用停止等を行った場合、または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは、遅滞なく、これをユーザーに通知します。 前2項にかかわらず、利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって、ユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は、この代替策を講じるものとします。
第9条(プライバシーポリシーの変更)
本ポリシーの内容は、法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて、ユーザーに通知することなく、変更することができるものとします。 当社が別途定める場合を除いて、変更後のプライバシーポリシーは、本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。

 

【PR】



フランスのチョコレートランキング!お土産にもおすすめの人気ブランドは?

フランスにおける一人当たりのチョコレート年間消費量は6.4kgと、日本の3倍以上です。そんなチョコレート消費大国のフランスでは、数多くのショコラトリーが出店しています。その中でも、とくにお土産としておすすめしたい人気ブランドのチョコレートをご紹介します。



フランスには美味しいチョコレートがたくさん


日本と比べてチョコレートの消費量が約3倍以上(年間一人あたり約7kg)のフランスでは、チョコレートは生活に根付き日々欠かせないものとなっています。そのため街中にチョコレート専門店「ショコラトリー」もあり、美味しくて有名な人気ブランドチョコレート店がたくさんありますので、お土産にもおすすめなお店をピックアップしてご紹介します。

フランスのチョコレートの歴史


チョコレートの起源はメソアメリカです。現在のメキシコ南部、中央アメリカなどの地域です。マヤ文明やアステカ王国など高度な文明が繁栄し、カカオも栽培されていたことが分かっています。その後、アステカ王国が滅びスペインの植民地となったことでスペインに伝わりました。


ヨーロッパは互いに国境が接してますので、スペインからポルトガル、イタリア、フランスと、徐々にチョコレートは広まっていきました。1615年にスペイン王女アンヌ・ドートリッシュとルイ13世が結婚した際に、贈り物の中に砕いて溶かして飲むカカオの塊があり、フランス宮廷にチョコレートが普及するきっかけとなりました。

フランス人のチョコレートの食べ方


フランスでは、日常的にチョコレートを食べている方も珍しくありません。街中に多くのチョコレート専門店「ショコラトリー」があるだけではなく、スーパーのチョコレート売り場面積も日本と比べてかなりの広さで、板チョコだけでも相当数な種類のチョコレートが棚に並べられています。

 


フランスで好まれているチョコレートは、カカオ成分が多めで脂質、糖質少なめのビターチョコレートです。高品質のチョコレートを口の中で味わいながら、少量をゆっくりと食べるのがフランス流です。そのため、毎日チョコレートを食べていても、フランス人は太らないのです。

チョコレートの効能


チョコレートの材料、カカオ豆にはカカオポリフェノールがたっぷり含まれています。カカオポリフェノールは、血圧の低下、動脈硬化の予防、美容効果、アレルギーの改善、脳の活性化、便通改善と、多くの効能があります。過剰に摂取するのではなく、少しずつ毎日摂取することで、効果を発します。

フランスの人気チョコレートランキング

第1位:ラ・メゾン・デュ・ショコラ


ロベール・ランクス氏により、1977年に創立した有名老舗ショコラトリーです。ロベール・ランクス氏は哲学者のジャン=ポール・アロンから「ガナッシュの魔術師」という異名も贈られています。


1998年には表参道に第一号店をオープンさせ日本進出を果たしていますので、日本でも20年以上前から馴染みのある有名ブランドです。


ナッツの香ばしさを活かしたプラリネやシャンパーニュ風味のトリュフの他にも、いろいろなフレーバーのエクレア、タルト、マカロンも人気です。旬の食材を使った、季節限定の味も販売されています。フランスで購入すると日本より安価で手に入れることができますので、ぜひ店舗を訪れてみましょう。

ラ・メゾン・デュ・ショコラの詳細はこちら


第2位:ジャン・シャルル・ロシュー


パリのサンジェルマン地区に本店があります。美味しい上に独創的でお土産におすすめです。店内にはいろいろな動物のチョコレートが並んでおり、まるで彫刻のようなチョコレートです。その他、カルセールというショコラ削り器で、ホール上のチョコレートをスライスして食べられる珍しい商品も販売しています。


フレッシュフルーツをそのまま閉じ込めた板チョコは、毎週土曜日限定で販売されていて、ぜひ味わってみてください。


2018年1月にはとうとう日本にも出店し、東京の南青山にオープンしました。パリのお店と同様に、日本の店舗でも毎週土曜日30個限定で、季節のフルーツを使用した板チョコを購入することができます。

ジャン・シャルル・ロシューの詳細はこちら


第3位:ル・ショコラ・アラン・デュカス


史上最年少でミシュランの星を獲得し、「フレンチの帝王」とも呼ばれるアラン・デュカスが手がけた有名ショコラトリーです。


2013年2月、パリ・バスティーユに1号店を誕生させると、瞬く間に人気店舗となりました。カカオ豆の選定から自社で行い、パリの自社工場でチョコレートを製造しているこだわりのお店です。


職人たちの手仕事によって、高品質なチョコレートが生み出されています。カカオの産地を1つに絞った「シングルビーン」の板チョコや、ボンボンショコラはお土産におすすめの商品です。嬉しいことに、2018年3月にはとうとう日本進出を果たし、東京日本橋にてオープンしました。日本で初店舗というだけでなく、海外初出店となります。

ル・ショコラ・アラン・デュカスのチョコレートは極上!フランス発の人気店 | 旅行ガイドTravelNote[トラベルノート]
日本橋ル・ショコラ・アラン・デュカスはパリ生まれの上質なチョコレートが並ぶ高級チョコレート店です。修業を積んだショコラティエが生み出す繊細なチョコレートはここでしか食べることができない特別なものです。是非一度アラン・デュカスのチョコレートを食べてみてください。

第4位:ジャック・ジュナン



マレ地区にある有名ショコラティエです。人気のチョコレート「ポンポンショコラアソート」の他、キャラメルやパートドフリュイ(フルーツゼリー)も高評価です。


風味・鮮度・美しさ・高級感、すべてトップクラスと言われています。工房も店舗内にあり、出来立てのチョコレートを楽しむことができることも人気の秘密です。


ディスプレイには美しい模様のチョコレートが、石畳のように整然と並んでいて圧巻です。工房ではオーナーでもありショコラティエでもあるジャックス・ジュナンも毎日作業をしています。広い店内はサロン・ド・テ(カフェ)も併設していて、作りたての「絶品ミルフィーユ」を楽しむこともできます。

日本ではバレンタイン限定で高島屋のオンラインストアでのみ入手可能なようです。

第5位:パトリック・ロジェ


M.O.F(フランス国家最優秀職人賞)を30歳の若さで獲得した天才パトリック・ロジェのショコラティエです。味の彫刻家、プラリネの魔術師と呼ばれ、常に最高の素材、最適な素材の組み合わせを探求し続けています。


パリに複数店舗を持っているほか、ベルギーにも出店しています。チョコレートの彫刻もあり、店内はアートギャラリーのようです。


パトリック・ロジェの代表的な商品の一つである半球型の特徴的なチョコレート「カラー」は、見た目が美しいだけでなく味も美味しく、お土産におすすめです。チョコレートシーズンにオンラインストアや催事場で、日本国内で購入できることもありますが、本場フランスでしか購入できない商品もありますので、ぜひお店に立ち寄ってみてください。

パトリック・ロジェの詳細はこちら


他にもたくさんある有名人気ブランドチョコレート店


ランキングで紹介した人気のある有名ブランドチョコレート店の他にも、「リンツ」「アンリ・ルルー」「ポワシェ」「アン・ディマンシュ・ア・パリ」「マルキーズ・ドゥ・セヴィニエ」「ピエール・エルメ・パリ」「アルノー・ラエール・セーヌ」などなど。自信をもっておすすめできるショコラトリーは、たくさんあります。


ブランドごとにこだわりや特徴がありますので、自分の好みの逸品を見つけ出してみてください。